シックなデザインに軽さ走りやすさを備えました。ハンドルを切ったときの操作感、低重心化による高い安定感を実現!快適な乗り心地にもこだわり遠くのお出かけにも最適の自転車♪【送料無料】DOPPELGANGER 21インチ折り畳み自転車 @f ■ホワイト■【Chinafesta2008】【送料無料】

ここでは、「シックなデザインに軽さ走りやすさを備えました。ハンドルを切ったときの操作感、低重心化による高い安定感を実現!快適な乗り心地にもこだわり遠くのお出かけにも最適の自転車♪【送料無料】DOPPELGANGER 21インチ折り畳み自転車 @f ■ホワイト■【Chinafesta2008】【送料無料】」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※在庫数は常時変動しております。 在庫切れの際は、ご了承下さいませ【全長】(約)150 cm【折り畳みサイズ】(約)86×58×33 cm【重量】(約)14.4Kg ※ワイヤーロック・フロントライト含む【サドル高】(約)72.4 ※-91cmワイヤーロックを装着しない状態【ハンドル高】(約)96 cm / ±2cm程度上下が可能【ハンドル幅】(約)57 cm【タイヤサイズ】20×1.75インチ【フレームカラー】レイテ・ホワイト 【変速機】シマノ6段【付属品】取扱説明書、保証書、 折り畳み時用タイダウンベルト、 ナットキャップ、LEDフロントライト、シートポスト取付ワイヤーロック【JAN】4582143463219前後マッドガード、荷台を装備したコンフォート系ドッペルギャンガー「@f(アットエフ)」。従来車種とは異なるデザインアプローチを採用し、まるでモノクロームの写真を見ているかのような、「ホワイト&グレー」に特化したカラーリングが特徴です。「ドッペルギャンガー」は、設立当初より、従来の自転車の枠や工業製品の枠に囚われない製品作り、そして製品を通して新しい価値の創造につとめてきました。@fはまず、「タイヤは黒いもの」という常識を覆し、自由な発想でデザインされた一台です。美しいホワイトのフレームや、グレーのブレーキ・変速ワイヤ、シートのパイピングや鋲、ホワイト&グレーのリボンタイヤ、そしてアルミニウムパーツの上品で透明な輝き。主張しすぎず、しかししっかりとした個性を持ち、乗る人を引き立てる自転車です。今までは「単なる移動のための手段として」「本当に欲しい自転車が見つからず、適当で安いものを」といった消極的な選ばれ方をしていたコンフォート系自転車ですが、「@f」で「指名買い」をさせる、「(@fでなくてはならない)積極的な購入の理由」を見いだせること、を目指しました。一風変ったネーミングにおける「@」はEメールにおけるホスト名の前に置く記号、そして状況を示す前置詞「at」に由来しています。電子メール時代の到来とともに認知度の高まったこの記号を採用することで「自転車が新しい局面に入った状況」を表現し、「f」は「fashion(流行)」をあらわしています。ドッペルギャンガーの考える新しいパッケージングを採用し、「コスメチューン」という、従来の自転車には無かった新しい価値観のチューニングが施されたドッペルギャンガー。新しい時代や、新しい価値観を持つ製品を積極的に受け入れ柔軟に対応できる、新世代のユーザーを対象とした一台です。多くの自転車がそうであるように「フレームにだけ」アルミを採用し、販売を有利にするがために「アルミフレーム採用」を謳うのではなく、@fでは軽量化はもちろん、自転車としての基本性能を追求するためにフレームに加えシートポストやハンドルステム、ハンドルバー、その他ショートパーツに及ぶまでアルミ製部品を採用しています。これらの軽量パーツは慣性重量の低減によるハンドルを切ったときの操作感、低重心化による高い安定感を実現し、乗り心地に大きく影響します。もちろん高価な部品ですが、ドッペルギャンガーが「必要だと感じたからこそ」投入したパーツ群なのです。その結果、頑丈な折り畳み機構や6段変速、前後フルサイズの泥除け、前後荷台を装備しながらも重量は14.4kg(約)を実現。軽さは全てに優先し、突き上げの少ない快適な乗り心地、軽いこぎ出し、軽快なコーナリング、また長時間のライディングでも疲れにくい等、軽量化によるメリットは図りしれません。タイヤサイズは折り畳み自転車としては大きめの20インチを採用。6段変速を駆使して、いつもより遠くへのお出かけにも余裕を持って対応できます。最低サドル高は72.4 - 91 cmと低めに設定し、幅広い体格の方に対応します。交通手段の発達した現在、自転車は単なる移動手段としての存在を超えています。また、私たちの選ぶ自転車は競技用自転車でもありません。まるで消費者不在かのような、スペックを追求した自転車ではなく、もっと等身大の自転車を。それがドッペルギャンガーの考える「自転車」です。まるでアパレルのように、自らの主張を、そして自らの感性を代弁するような自転車を。「乗るだけ」の自転車から「見せたくなる」自転車へ。所有する満足感を得られる自転車を。まるで服を選ぶように自転車を選ぶ。そのような自転車の選び方があっても良いのではないか、私たちはそう考えます。基本的にドッペルギャンガーのプロデュースする自転車は「1フレーム・1カラー」です(一部、最大でも2種類のカラーで展開しています)。商業的には、フレームのカラーを増やし、多色展開する方が有利です。しかし、あえてドッペルギャンガーはそれをしません。なぜか?ドッペルギャンガーは、色とフレームはあわせてデザインされるべきだと思っているからです。まず先にその自転車のコンセプトを決め、そのコンセプトに合ったフレームをデザインし、コンセプトに合ったカラーを採用します。そして、このフレームとカラーを最大限引き立てることができるパーツ、そしてパーツのカラーを選びます。そのようにしてひとつのコンセプトのもとに造られた自転車である限り、いたずらにフレームカラーを増やすべきではないと考えています。スペック偏重主義の市場では、「サスペンション装備」の自転車がもてはやされます。しかし、ドッペルギャンガーは考えます。本当にサスペンションは必要なのか?マウンテンバイクなど、走破性を重視するモデルでは必須かもしれません。しかし、シティランがメインの自転車においては、サスペンションよりも重視されるべきものがあるはず。それは軽量からくる取り回しの良さであったり、リジッドフレーム(サスペンションなし)ならではの、サスペンションストロークによるパワーロスの無いこぎ出しや加速における「ダイレクト感」「軽快感」ではないか。そう考えています。
さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tuuhanseikatu2009.blog63.fc2.com/tb.php/250-93ee9a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。